@niftyレンタル掲示板

掲示板の使い方

12345>>[112]

映画とイギリス史

  • 近藤
  • 投稿者のホームページ
  • 2016/07/23 01:14

『日本歯科医師会雑誌』という月刊の専門誌が出ています。ISSN 0047-1763
毎号、98%は歯科医師および関連の方々むけの記事で一杯ですが、その巻頭近くに、<人間と科学>という連載の見開きコラムがあります。3月号以来、そこに「映画とイギリス史」というエッセイをしたためて、映画の作品性と、歴史学の問題を自由に述べさせていただいています。
『イギリス史10講』の延長という意味もないではないけれど、新しい企ては、なんだか楽しい。

  • コメント

トラックバックURL : http://kondo.board.coocan.jp/bbs/trackback.php?id=609

タグ
【publication 】 【イギリス 】 【イギリス史10講 】

註釈『イギリス史10講』(中) − 柴田史学との対話

  • 近藤
  • 投稿者のホームページ
  • 2016/04/30 12:41

 新緑の季節に思わぬ災害が続きますが、お変わりありませんか。
 2013年12月に出版した『イギリス史10講』(岩波新書)ですが、さいわい増刷の折々に多少の改善をほどこし、またあとがき(p.304)に予告しましたとおり、論拠や研究史的なコメントを明らかにするために『立正大学大学院紀要・文学研究科』に註釈を連載しております。このたび第30号に続き、同32号に
「註釈『イギリス史10講』(中)− または柴田史学との対話 −」を執筆しましたので、ご覧ください。
 じつは、ほとんど前後して
・共編著『礫岩のようなヨーロッパ』(山川出版社、2016)の仕上げに従事し、
・北原敦さんの「フランス革命からファシズムまで − 二宮・柴田・グラムシとの対話」『クリオ』第30号(2016)のお手伝いにもほんの少し加わりました。
 この3者は相互に関係し反響しあう言論空間を呈することとなりました。未刊のふたつは5月、6月に刊行予定です。

  • コメント

トラックバックURL : http://kondo.board.coocan.jp/bbs/trackback.php?id=608

日本ヘンデル協会 講演会

  • 近藤
  • 投稿者のホームページ
  • 2015/11/30 00:40

◆2016年1月31日(日) 13:15〜16:45 東京文化会館(上野)中会議室1
【外部講師による講演】
『ヘンデルのロンドン』
講師: 近藤 和彦 氏
聴講費: 会員無料、一般¥2,000

今回は、西洋史研究家の 近藤和彦 先生にお話しをお願いしました。
ヘンデル時代のロンドンについてのお話です。 当時の地図や版画などのスライドも見せてくださるそうです。みなさま奮ってご参加ください。

≪要旨≫ 近藤和彦先生から
ヘンデルがハノーファで、またロンドンで仕えた選帝侯ゲオルク=ルートヴィヒ(ジョージ1世)については、歴史学でも研究が進んでいます。イギリス政治をおろそかにして顧みなかった愚かな王なのか、それとも啓蒙のヨーロッパにおける明君なのか。ハノーヴァ朝の王位継承に反対した人々は、当然ながら彼を攻撃しました。
ロンドンは当時のヨーロッパで人口は最大、コスモポリタンで人も物も情報も多様で豊かな大都市でした。ニュートンもヴォルテールも生活していましたし、アジアから茶・更紗・陶磁器などの舶来品がふんだんに入ってきました。新聞もコンサートも建物の新築もさかんです。ヘンデルの活躍した18世紀前半の政治、経済、そして ロンドン生活を見ていただきます。

≪参考図書≫
近藤和彦『イギリス史10講』岩波新書
近藤和彦『民のモラル:ホーガースと18世紀イギリス』ちくま学芸文庫

  • コメント

トラックバックURL : http://kondo.board.coocan.jp/bbs/trackback.php?id=607

タグ
【18世紀 】 【イギリス史 】 【ロンドン 】
    • 1.近藤
    • 投稿者のホームページ
    • 2016/02/10 23:13

     上野の文化会館の楽屋口、4階に上るのは初めて。日本の大学関係者にとっては1月31日という最悪に近いタイミングでしたが、多才な皆さまに会えて、啓発されました。
    http://www.handel-institute-japan.org/

     イギリスでは major なヘンデル研究ですが、日本でヘンデル協会に辿りつく方々の多様さもまた印象的。ありがとうございました。

    • 削除
    • コメント

大学ランキングの計算根拠

  • 近藤
  • 投稿者のホームページ
  • 2015/10/01 22:54

 Times Higher Education による大学の国際ランキングですが、その指標・計算根拠については、こちら↓

https://www.timeshighereducation.com/news/ranking-methodology-2016

日本の大学が一斉に順位を下げているのは、円安(ドル換算で相対的に低い評価になる)により、中国の大学が一斉に順位を上げているのは、半年くらい前までの強い元の結果でしょう。来年度はまた入れ替わる、ということが予想されます。
 それにしても詰まらんランキングですね!

  • コメント

トラックバックURL : http://kondo.board.coocan.jp/bbs/trackback.php?id=606

タグ
【大学 】

『物語  』(中公新書)

  • 近藤
  • 投稿者のホームページ
  • 2015/07/10 00:30

先の『イギリス史研究入門』第3刷が評価されている「証」と受けとめてよろしいでしょうか !?
このところチョー多忙で、君塚直隆『物語 イギリスの歴史』(中公新書、2015年5月)をようやく拝見しました。上下2巻ともに巻頭の地図は、近藤和彦編『イギリス史研究入門』(山川出版社)を使用してくださっています。むしろ『イギリス史10講』(岩波新書)を基に作成、とか記された方が正直かも、と思いました。
その他、日本語の出版も多用されているのは率直なのか(悪いことではありません)、先行業績への敬意なのかな。でも、あまり研究史の展開・転回をアピールしようという気はなさそうで(?)、王様・女王様と政治家の逸話をたくさん連ねただけの old-fashioned history なのですか? こういうことを続けていると、昔から「だからイギリス史はつまらない」と言われます。
「主要参考映画一覧」というのが、『冬のライオン』から『日の名残り』まで挙がっているのには、吹き出してしまった。【ついでに『日の名残り』の英語原題名は間違っていますよ、中公さん! I remind you!】
これは著者の歴史観も出版社の志もよくわからない出版です。「きみの志はなんですか」と天上から尋ねる声が聞こえてきそう。
そういうこともあって、おわりにに「この辺で少しだけ単著は休ませていただき‥‥」と記されているのでしょうか? そうだとしたら刮目して、君塚さんの次を待ちたいと思います。

  • コメント

トラックバックURL : http://kondo.board.coocan.jp/bbs/trackback.php?id=605

タグ
【publication 】 【イギリス史10講 】 【イギリス史研究入門 】

タグ(キーワード)